Category Archives: ポイント集

夏場にレイクトラウトを釣ると死んでしまうケースがあり、その原因と対処法について(エアー抜きの方法を知ろう)

釣り人の多くは、釣った魚を食べないのであれば、元気に水に返してあげたいと考えていると思います。キャッチ&リリース(C&R)に関しては多くのコンテンツが公開されているので、それを見ていただけるとよいと思います。

一方で中禅寺湖はフライフィッシングの聖地と呼ばれ、レイクトラウトが国内で唯一釣れる湖であり、夏は涼しい(とはいっても冷水魚には暑い夏)ので、避暑を兼ねて釣りに来る人がいて、釣るからには一匹釣りたいと思うと思うのです。

そのレイクトラウトは夏は深場に移動することが多く、釣りあげると、水圧の変化で浮袋が膨らんでしまって、水に潜れなくなってしまい、酸欠で死んでしまうことがあります。これは水面に挙げず、魚に触れないようにしても、助けることはほぼできないです。

そうであれば、夏の時期に釣らない方がという考え方もあります。その議論はさておき、釣ってしまった魚の浮袋が膨らんでしまって水に潜れなくなってしまったとき、どうするかという方法を紹介します。

方法は「レイクトラウト エアー抜き」で調べると出てきます。この方法を行うにはエアー抜きニードルを常に携帯しています。

以下の動画には詳細がでていますので、興味がある方はご覧ください。

シーバスで釣り納め 

東京湾で釣り納めに行く。

来年のアカメ釣りに向けて、キャスティングの練習がてらに行ってみた。考えてみたら当たり前だけど、ラインは細い方が飛ぶ。そしてアカメは遠投が有利。ということでPEの2号に落としてみた。八本編みで。当初、大型のルアーをPEの2号で思いっきり遠投しても大丈夫かと思ったのだけど、問題なかった。PEの3号から2号に落としただけで、気持ちよいほど飛ぶようになったと思う。

思いっきり触れるようになったら、今度はバットがしっかりした竿が欲しくなった。

今、天龍を頼んでいるので、早く届かないかな。

釣り納めの結果は、バイブレーションでシーバスが一匹釣れました。

めでたしめでたし。

それではみなさん、来年も良い釣りを!

四万十川でアカメ釣り

日本三大怪魚「あかめ」を釣りに高知へ行ってきました。あかめは1メートルを超えるスズキ系の大型魚。日本では高知と宮崎のみ生息。そして、まさに釣りキチ三平のアカメ釣りの舞台でアカメを狙って四万十川に行ってきました。釣りキチ三平が釣ったポイントから100メートルくらいのところで釣ってました。ベイトの活性もよく、良いコンディションでしたが、ノーフィッシュ!アカメにスイッチを入れることができませんでした。ジョイクロ178を60lbで繋いで、大型で食い込みのいいシーバスロッドで遠投して、デッドスローでリトリーブする釣りは学ぶことが多かったです。フィッシングガイドさんに感謝です。気温5度の川の上で風も強いので体感温度0度くらい。四万十川にしては極寒でした。かかると100メートルくらい走り、船で追いかけることもあるそう。先週1.2メートルのが釣れていて、今が落ち鮎シーズン最盛期でした。タフな釣りです。続きは来年へ!