Category Archives: SEA BASS

東京湾シーバス釣行

船舶一級免許を取って、ヤマハシースタイルにも加入しているので自分でシーバスを釣りにも行けるのだけど、ヤマハシースタイルだと9時30分出船になってしまい、釣れる時合を逃してしまうし、操船しながら自分で釣るのも結構大変だし、釣れるポイントの知識も少ないということで、フィッシングガイドを委託して、釣ってみた。

事前に用意するタックルの情報も頂いていましたし、的確なポイントへのご案内と釣り方の指示によって、今回も釣れました。

65㎝を筆頭に午前中だけで4匹の釣果でした。

東京湾って、昔と違い、本当にきれいになりましたし、景色もきれい。クルージングだけでもすがすがしいので、良い気分転換になりました。

次は秋がシーズンなので、また行きたいです。

子供にも大物を:豊洲のシーバス

さて、今回はフライではなく、ワーム釣りで子供でも簡単に大きなシーバス釣れる方法をお教えします。

シーバス(スズキ)はこんな魚です。

夏休みの思い出にいかがでしょうか? 是非参考にしてください。

場所は豊洲ららぽーとの前です。ららぽーとの前に船着き場がありますよね。そこを左に進み、釣り可能な場所まで行きます。釣り可能な場所は左側の突き当りから先になります。(L字のところに看板が出てますので確認ください)豊洲ララポートの前のところは歩きやすいですし、ららぽーとにはトイレもありますので、子供連れにはぴったりです。

まず釣る日程から決めましょう。釣りをする日程は「大潮カレンダー」を検索し、大潮の日を選ぶと釣れやすいです。そうでなくても釣れますが、大潮の時が一番釣れます。

時間は夜がいいです。人も少ないですし、シーバスの活性が上がります。

釣り道具は、どこでも売っている海釣り用のリール竿セットで十分です。(釣具屋さんで売っている千円とか2千円ので十分です)糸はナイロン3-4号くらいがいいです。その先にオーナー(OWNER) メバル弾丸夜光 JH-83 1.0g #8を 結んでください。そして、その針にマルキューパワーイソメ極太(ピンク)をつけて、針先から3㎝くらい垂らしたところで切断して出来上がりです。パワーイソメはゴムでできているので、触っても気持ち悪くないです。エサはパワーイソメでも釣れますが、一番釣れるのは、生きたイソメ、青イソメ、ゴカイなどです。エサの付け方は同じです。触れる人はそっちの方がいいです。ちなみに水面から波止場まで距離があるので、3mくらい伸びる長めのたも網がないと釣りあげることができません。たも網の準備も忘れなく。

釣り方はあとは、波止場のへり際(本当に水際ぎりぎりから50㎝くらい以内の場所:足元に落とす感じです)に、そのパワーイソメを落としていき、底についたら、リールを1回巻き止めます。その後、たまに竿先をちょんちょんと揺らして、また止めて、当たりがなければ、リールを二巻きくらいしてしばらくしてアタリがなければ、2mくらい横に移動して同じことを繰り返すだけです。

魚がいれば、パワーイソメを加えて走るので、すぐにわかります。あとはリールを巻いて手元に寄せてください。

シーバスはかなり引きますので、十分楽しめます。

さて、釣った後、食べたいという方もいると思います。東京湾もだいぶ綺麗になり、食べられるようになりましたが、海の底にいるシーバスは食べても美味しくないといわれています。今回の釣り方はそこのイソメを食べるシーバスを釣る方法なので、食べても美味しくはないと思いますよ。(水面の上のほうを泳ぐ魚を食べるシーバスはおいしいかもしれません)

さて、このシリーズは今後私も改良していきますので、続報を期待してください。

また、お金に余裕がある方は船とガイドさんをチャーターして釣りに行くのもありです。ルアーを投げれる子供の場合は、こっちのほうが楽しいかもしれません。すごいのが釣れます。興味がある方はこちらをご覧ください。

それではまた~(o^-‘)b

30年前のルアーで魚が釣れるかやってみた(シーバス編)

去年の10月に「30年前のルアーで魚が釣れるかやってみた」というタイトルで、ブログを書きました。前回は30年前のスプーンでニジマスを釣りました。

10269473_781906658486065_4382144237今回は、30年以上も前にお年玉でルアーだけ買ったシーバス用のルアー(ミノー)でチャレンジしました。当時はお金がなくて、竿とリールを買えませんでした。いつかは買ってこいつで釣りたい!という想いで買った、30年前のルアーが釣り具の奥から出てきたので、チャレンジしてみることに。

30年前のルアーはダイワが出していた、赤金のミノータイプのルアー 初代シーバスハンター(復刻版ではなく、本物の初代です。確か30年前だと思っているのですが、間違えていたらすみません。)で、当時1000円前後していたと思うのです。 小学生の金銭感覚で1000円というのは結構大金です。当然、無くすと相当痛いため、なかなか釣りに使うことができず、いつの間にか忘れられていたものです。

それから30年以上の月日が流れ、いよいよつかわれることに。

普段から釣りはするといってもニジマス専門なので、シーバスはよくわかっていません。そこで、専門のガイド「シーホース」にお願いしました。

10172590_781906655152732_1925662778ベテランのガイドさんのご案内で、レインボーブリッジの近くで始めることに。この辺りは水深が浅いのでミノーで十分狙えます。ダダ巻でよいですよ。とのことで、何の誘いもなく、普通に巻きました。最初は釣果が上がりませんでしたが、連れる時間帯になると。ガツン!と当たりがあり、何とかつれました。その後フライでも挑戦し、こちらも難なく釣ることができました。

ガイドさんの的確なアドバイスで、30年以上も前のルアーで釣る!フライでシーバスを釣る!の両方を達成できました。

めでたしめでたし♪

強い引きで食べてもおいしい釣りということでは、シーバス釣りは面白そうです。

でも私はやっぱり、海じゃなくて湖が良いなぁ。今年も奥日光にチャレンジします。今年こそは70㎝オーバーを釣り上げるつもりです。

※参考情報:奥日光で66.5㎝のニジマスを釣る

ちなみに夜はこんな感じで、とてもきれいな場所でした。

1544407_782726995070698_70992994322