Category Archives: Japanese huchen (Itou)

大物イトウを初心者が釣る方法

まずは先日の釣行で3日間で合計4匹のイトウを釣りました。

うち2本は80㎝でした。

その写真は以下です。

14705768_1346011975408861_1447817927684211305_n

このクラスのイトウの引きはすさまじく、フライロッドを立てても竿先が水面につくくらいの引きでそれが10分以上も続きます。

引きは独特で、地を這うような走り方をします。

あたりはほぼ向こう合わせで、強い当たりがあります。

こんな魚と出会えた幸運。素晴らしい思い出となりました。

15027573_1347118868631505_5274395389465943304_n

イトウ釣りは今回で3回目になりました。

1回目は自分でやり、アメマスの釣果に恵まれ、2回目はガイドを依頼し、アメマスに恵まれ、結局イトウは釣れず、3回目の挑戦になりました。

これでだめだったらもうイトウは狙わないという覚悟で依頼したのが北海道釣りガイド「KAMUY」さんでした。

※北海道釣りガイド「KAMUY」
http://www.kamuy-web.com/

ここで釣った方法や釣った場所は「KAMUY」さんのノウハウなので、ここでは一切書きません。

初心者の私が大物イトウを釣れたのは「KAMUY」さんのお蔭です。凄腕のナイスガイなガイドさんでした。

ありがとうございました。

このページの「初心者が大物イトウを釣る方法」としては「有能なガイドに依頼する」という結論になりました。

イトウは土地勘がないと難しいです。そして、天候に依存する釣りなので、3日くらい釣るつもりで行ったほうが釣れ易いと思います。

やっぱりガイドはすごい!

HARDY Ultralite CA DDを買いました

とうとうこれで六個目のフライリールになりました。替えのスプールを入れると8本のラインが巻いてあります。

ルアーや投げ釣りとは違い、フライリールはそれほど高機能でなくてもよいのですが、フライラインはフライにとってかなり重要です。

どのようなシチュエーションでどう魚を攻めるかというのは、ラインの幅が広いとかなり楽です。フライラインが合わないと場合によっては魚がいるレンジをほとんど流せない時もあるので、釣果を左右する大きな要素といっても過言ではありません。

という持論と言い訳はさておきw 買いました。

HARDY Ultralite CA DD

通販で買ったのですが、通販では銀色に金色が入っている写真に見えたのですが、実際に届くと、あずき色のシルバーに金が入った、かなりかっこいいリールでした。

メカっぽさがたまりません。

さて、このリールには、FloatingからType1、2、4,6を巻いています。これでサケとイトウを狙います。ちなみにこのラインでロールキャスティングもやりやすいとのことで、シングルハンドでのロールキャスティングも練習しようと思っています。

今回装着したラインの構成は以下です。

・20LBのバッキングライン(適当な長さ)
・KENCUBE パワーヘッドS #6 4ティップチェンジャブル(シングルハンド)(フローティング、Type1、Type2、Type4の4本セット)
・KENCUBE パワーヘッド6 Type6ティップ
・クレハ(KUREHA) ライン シーガー R18 フロロリミテッド 100m 20lb

このラインでサーモンとイトウを追いかけていきます!この冬が楽しみです!!